雛人形

トップページ > 雛人形 > 親王飾り

親王飾り
三世MOCHIZUKI作 京十一番 親王平台飾り

三世MOCHIZUKI作 京十一番 親王平台飾り-1
サイズ
間口65cmX奥行40cmX高さ30cm

価 格
¥125,000
  • 三世MOCHIZUKI作 京十一番 親王平台飾り-1
  • 三世MOCHIZUKI作 京十一番 親王平台飾り-2
  • 三世MOCHIZUKI作 京十一番 親王平台飾り-3
  • 三世MOCHIZUKI作 京十一番 親王平台飾り-4
  • 三世MOCHIZUKI作 京十一番 親王平台飾り-5

親王飾り
人形工房道翠謹製 京三五 親王平台飾り

人形工房道翠謹製 京三五 親王平台飾り-1
サイズ
間口60cmX奥行40cmX高さ32cm

価 格
¥153,000
  • 人形工房道翠謹製 京三五 親王平台飾り-1
  • 人形工房道翠謹製 京三五 親王平台飾り-2
  • 人形工房道翠謹製 京三五 親王平台飾り-3
  • 人形工房道翠謹製 京三五 親王平台飾り-4
  • 人形工房道翠謹製 京三五 親王平台飾り-5

親王飾り
人形工房道翠謹製 大芥子 親王平台飾り

人形工房道翠謹製 大芥子 親王平台飾り-1
サイズ
間口53cmX奥行32cmX高さ27cm

価 格
¥167,000
  • 人形工房道翠謹製 大芥子 親王平台飾り-1
  • 人形工房道翠謹製 大芥子 親王平台飾り-2
  • 人形工房道翠謹製 大芥子 親王平台飾り-3
  • 人形工房道翠謹製 大芥子 親王平台飾り-4
  • 人形工房道翠謹製 大芥子 親王平台飾り-5

親王飾り
博暁作 京十一番 親王平台飾り

博暁作 京十一番 親王平台飾り-1
サイズ
間口60cmX奥行31cmX高さ34cm

価 格
¥166,000
  • 博暁作 京十一番 親王平台飾り-1
  • 博暁作 京十一番 親王平台飾り-2
  • 博暁作 京十一番 親王平台飾り-3
  • 博暁作 京十一番 親王平台飾り-4
  • 博暁作 京十一番 親王平台飾り-5

親王飾り
千匠作 京十一番親王平台飾り

千匠作 京十一番親王平台飾り-1
サイズ
間口60cmX奥行30cmX高さ32cm

価 格
¥187,000
  • 千匠作 京十一番親王平台飾り-1
  • 千匠作 京十一番親王平台飾り-2
  • 千匠作 京十一番親王平台飾り-3
  • 千匠作 京十一番親王平台飾り-4
  • 千匠作 京十一番親王平台飾り-5

親王飾り
小野島久佳作 小三五 親王平台飾り

小野島久佳作 小三五 親王平台飾り-1
サイズ
間口70cmX奥行30cmX高さ26cm

価 格
¥204,000
  • 小野島久佳作 小三五 親王平台飾り-1
  • 小野島久佳作 小三五 親王平台飾り-2
  • 小野島久佳作 小三五 親王平台飾り-3
  • 小野島久佳作 小三五 親王平台飾り-4
  • 小野島久佳作 小三五 親王平台飾り-5

親王飾り
小出松寿作 京十二番正絹衣装着親
王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京十二番正絹親王平台飾り-1
サイズ
間口54cmX奥行40cmX高さ30cm

価 格
¥194,000
  • 小出松寿作 京十二番正絹親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京十二番正絹親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京十二番正絹親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京十二番正絹親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京十二番正絹親王平台飾り-5
御衣裳の説明

雲立湧文様
(くもたてわくもんよう)

水蒸気が立ち上がる様をあらわした立湧に、瑞雲を配した文様です。千変万化する雲の形を見て瑞祥を感じたものを瑞雲としました。散り集まることから再生の意味を持つ吉祥文様です。中国の神仙思想を受け継いだ奈良時代からある有職文様であり高位の人の装束に用いられる格の高い文様です。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京十一番
正絹衣装着 親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京十一番 正絹衣装着 親王平台飾り-1
サイズ
間口66cmX奥行39cmX高さ35cm

価 格
¥215,000
  • 小出松寿作 京十一番 正絹衣装着 親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京十一番 正絹衣装着 親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京十一番 正絹衣装着 親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京十一番 正絹衣装着 親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京十一番 正絹衣装着 親王平台飾り-5
御衣裳の説明

秋草文様
(あきくさもんよう)

野に自生して季節の移ろいと共に咲く秋草への日本人の思い入れは古来不快と言われます「万葉集」にある山上憶良の「秋の花 尾花葛花なでしこの花 女郎花また藤袴あさがおの花」の歌が、俗にいう秋の七草の発祥ともいわれ、あさがお近代では桔梗のことともされ、意匠化しにくい「葛」よりも身近な「菊」を加えることもあります。一つ一つの草花よりも各種の秋草が集まって表現されているのが特徴で、各種は寄り添っていたり散らされています。
優美な意匠で慶賀の時を華やかに彩るお衣裳です。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京十一番
親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京十一番 親王平台飾り-1
サイズ
間口60cmX奥行35cmX高さ33cm

価 格
¥241,000
  • 小出松寿作 京十一番 親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京十一番 親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京十一番 親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京十一番 親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京十一番 親王平台飾り-5
御衣裳の説明

雲立湧地鳳凰丸文様
(くもたてわくじほうおうのまるもんよう)

水蒸気が立ち上がる様をあらわした立湧に瑞雲をあしらったのが雲立湧で高位の人の装束に用いられました。想像上の瑞鳥である鳳凰は、桐の木に棲み、竹の実を食べると古代中国より伝わりました。徳の高い君子が帝位につくとあらわれると考えられ、慶事を象徴する鳥として愛好されてきました。鳳凰の鳳は雄を、凰は雌をを指し、雌雄が一緒に飛び相和して鳴くと天下泰平を意味するともいわれます。雲立湧に二羽の鳳凰が向かい合う丸文が配された有職文様です。「有職」とは平安時代の公家の宮廷礼法の伝承と研究のことでしたがそこから宮廷風といって意味合いになりました。
吉祥の意味を持つ格の高い文様です。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京十一番
親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京十一番 親王平台飾り-1
サイズ
間口59cmX奥行39cmX高さ32cm

価 格
¥254,000
  • 小出松寿作 京十一番 親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京十一番 親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京十一番 親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京十一番 親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京十一番 親王平台飾り-5
御衣裳の説明

桐立湧鳳凰の丸文様
(きりたてわくほうおうのまるもんよう)

想像上の瑞鳥である鳳凰は、桐の木に棲み、竹の実を食べると古代中国より伝わりました。徳の高い君子が帝位につくとあらわれると考えられ、慶事を象徴する鳥として愛好されてきました。鳳凰の鳳は雄を、凰は雌をを指し、雌雄が一緒に飛び相和して鳴くと天下泰平を意味するとも言われます。桐、竹、鳳凰の組み合わせは格の高さやめでたさを表象する吉祥文様です。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京十一番
金彩京刺繍衣装着 親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京十一番 金彩京刺繍衣装着 親王平台飾り-1
サイズ
間口70cmX奥行45cmX高さ33m

価 格
¥261,000
  • 小出松寿作 京十一番 金彩京刺繍衣装着 親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京十一番 金彩京刺繍衣装着 親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京十一番 金彩京刺繍衣装着 親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京十一番 金彩京刺繍衣装着 親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京十一番 金彩京刺繍衣装着 親王平台飾り-5
御衣裳の説明

束熨斗に桜模様
(たばねのしにさくらもんよう)

古典的な束熨斗模様を、シンプルに現代的にアレンジしています。熨斗はもともとアワビの肉を薄くはいで引き延ばし乾燥させた「のしあわび」のことで、紙にはさみ、祝儀の進物に添えられました。延ばすを意味することから延寿を象徴する吉祥文様です。束ねられた熨斗は、リボンのようで大胆で鮮やかな構図となっています。摺箔に金彩や刺繍という工芸技術を用いて、熨斗に桜や梅の花が配された可憐で、華やかな衣装です。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京十番
親王平台飾り頭師
市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京十番 親王平台飾り頭師-1
サイズ
間口25cmX奥行40cmX高さ41cm

価 格
¥234,000
  • 小出松寿作 京十番 親王平台飾り頭師-1
  • 小出松寿作 京十番 親王平台飾り頭師-2
  • 小出松寿作 京十番 親王平台飾り頭師-3
  • 小出松寿作 京十番 親王平台飾り頭師-4
  • 小出松寿作 京十番 親王平台飾り頭師-5
御衣裳の説明

七宝地八ツ藤文様
(しっぽうじやつふじもんよう)

輪を重ねて四方に連ねた図形を七宝文様と呼んでいます。四方や十方に広がり、途切れることなく永遠に展開する図形から吉祥に繋がるとして喜び四方や十方の語が訛って七宝と呼ばれるようになったといわれています。八ツ藤とは唐草菱を核として周囲を八房の藤の花房が縁取る丸文です。その名も貴族階級である藤原氏が愛用したであろう典型的な有職文様とされています。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京十番
親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京十番 親王平台飾り-1
サイズ
間口70cmX奥行37cmX高さ35cm

価 格
¥249,000
  • 小出松寿作 京十番 親王平台飾り-1
  • 平安一甫作 京十番親王平台飾り-2
  • 平安一甫作 京十番親王平台飾り-3
  • 平安一甫作 京十番親王平台飾り-4
  • 平安一甫作 京十番親王平台飾り-5
御衣裳の説明

菱繋ぎ華文様
(ひしつなぎはなもんよう)

菱形は古くから文様として用いられており、正倉院の宝物にも菱文の染織品・木工品など種々あります。繰り返す「繋ぎ」の文様は途絶えるとが無い「不断長久」を意味する縁起の良い柄として好まれ、その上に美しい華紋を配し格調高く仕上げています。
慶賀の時を華やかに寿ぎます。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京十番
刺繍入りオーガンジー 親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京十番 刺繍入りオーガンジー 親王平台飾り-1
サイズ
間口60cmX奥行43cmX高さ49cm

価 格
¥242,000
  • 小出松寿作 京十番 刺繍入りオーガンジー 親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京十番 刺繍入りオーガンジー 親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京十番 刺繍入りオーガンジー 親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京十番 刺繍入りオーガンジー 親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京十番 刺繍入りオーガンジー 親王平台飾り-5
御衣裳の説明

古典柄に刺繍入りオーガンジー

吉祥文様として用いられる桐と菊柄に生地に刺繍が施されたオーガンジーを重ね、一枚の生地として仕立てています。菊の色、香りに優れ長寿を意味する吉祥文様です。和の柄に洋の素材が不思議とマッチして高貴で優雅な印象を与えています。慶賀の時を鮮やかに彩るお衣裳です。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京十番
親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京十番 親王平台飾り-1
サイズ
間口75cmX奥行43cmX高さ41cm

価 格
¥259,000
  • 小出松寿作 京十番 親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京十番 親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京十番 親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京十番 親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京十番 親王平台飾り-5
御衣裳の説明

桜花の丸文様
(さくらはなのまるもんよう)

桜は平安時代に貴族に愛好され、それまで梅を意味したものが桜へと代わりました。日本を代表する花であり、人々が愛好する文様は多様に描かれました。
花の丸は円形に図案化したもので古典的な趣を有しています。
美しく品格ある文様は慶賀の時を華やかに彩ります。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京十番
黄櫨染正絹衣装着 親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京十番 黄櫨染正絹衣装着 親王平台飾り-1
サイズ
間口80cmX奥行40cmX高さ41cm

価 格
¥260,000
  • 小出松寿作 京十番 黄櫨染正絹衣装着 親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京十番 黄櫨染正絹衣装着 親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京十番 黄櫨染正絹衣装着 親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京十番 黄櫨染正絹衣装着 親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京十番 黄櫨染正絹衣装着 親王平台飾り-5
御衣裳の説明

黄櫨染御袍 (こうろぜんのごほう)

黄櫨染は、中国思想による天子の色目であり、現在の黄褐色よりむしろ黄赤に近いものかと思われます。
文様は桐竹鳳凰で、これは中国の太古に黄帝が南園に斎をしていた時、庭上の桐樹に鳳凰が竹の実をくわえてとまったという故事により作られたものです。黄帝は聖天子とされ、鳳凰は聖人の位にあり、天下泰平の時に出る瑞鳥といわれたことから、天皇の御服の文様とされました。現在も天皇御即位式等にお召しになられる由緒ある文様です。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京十番
親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京十番親王平台飾り-1
サイズ
間口75cmX奥行42cmX高さ49cm

価 格
¥274,000
  • 小出松寿作 京十番親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京十番親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京十番親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京十番親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京十番親王平台飾り-5
御衣裳の説明

桜古木文様
(さくらこぼくもんよう)

桜は平安時代、それまでの梅を愛好する風習に代って貴族たちは桜花の宴を催すようになりました。文学や美術にも取り入れられるようになり、桜文は衣服、家具、食器にと、貴族の身の回りの品々に文様として描かれるようになっていきます。源氏物語絵巻には、桜文様の衣裳が描かれています。日本を代表する花であり、日本人が愛好する文様なので単に季節を象徴するのではなく花の文様季節にこだわらず用いられています。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京十番
京刺繍衣装着 親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京十番 京刺繍衣装着 親王平台飾り-1
サイズ
間口80cmX奥行45cmX高さ41cm

価 格
¥285,000
  • 小出松寿作 京十番 京刺繍衣装着 親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京十番 京刺繍衣装着 親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京十番 京刺繍衣装着 親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京十番 京刺繍衣装着 親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京十番 京刺繍衣装着 親王平台飾り-5
御衣裳の説明

青海波文様 (せいかいはもんよう)

青海波文様は正倉院宝物の中にも見られます。五~六世紀にウクライナ地方で発祥し、古代のシルクロード交易を介して八世紀頃にササン朝ペルシャから中央アジア、中国の唐を経て我が国に伝わり、絵画や工芸意匠に広く用いられました。同芯の半円を連ねた青海波は舞楽の「青海波」の装束に表された文様に起源を持ちます。柄の中に長寿延命の象徴である菊を配した美しい意匠の吉祥文様です。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京十番
正絹 手刺繍衣装着 親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京十番 正絹 手刺繍衣装着 親王平台飾り-1
サイズ
間口75cmX奥行43cmX高さ41cm

価 格
¥296,000
  • 小出松寿作 京十番 正絹 手刺繍衣装着 親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京十番 正絹 手刺繍衣装着 親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京十番 正絹 手刺繍衣装着 親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京十番 正絹 手刺繍衣装着 親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京十番 正絹 手刺繍衣装着 親王平台飾り-5
御衣裳の説明

京染正絹一越手刺繍 雲水四君子文様
(きょうぞめしょうけんひとこしてししゅう うんすいしくんしもんよう)

我が国での刺繍の歴史は、古く飛鳥時代まで遡ると云われます。この衣裳に施された刺繍は文字通り手作業によって作られており下絵の糊置きから始まり、花屋文様を刺し縫い、管縫い、金駒刺繍などの技法で何前何万針と云う気の遠く成る様な工程を踏んでおります。
手刺繍は、その立体感や美しい色彩技術等永く鑑賞に耐える美術工芸品としての価値も備えております。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京九番
親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京九番 親王平台飾り-1
サイズ
間口80cmX奥行45cmX高さ45cm

価 格
¥273,000
  • 小出松寿作 京九番 親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京九番 親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京九番 親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京九番 親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京九番 親王平台飾り-5
御衣裳の説明

花籠目桜花文様
(はなかごめおうかもんよう)

籠目は最も単純に編んだ竹籠の網目から生じた文様です。桜は平安時代、それまで梅を愛好する風習に代わって、貴族たちは桜花の宴を催すようになりました。文学や美術にも取り入れられるようになり、桜文は衣装、家具、食器にと貴族の身の回りの品々に文様として描かれるようになっていきます。源氏物語絵巻には、桜文様の衣裳が描かれています。日本を代表する花であり、日本人が愛好する文様なので単に季節を象徴するのではなく「花の文様」として季節にこだわらず用いられています。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京九番
親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京九番 親王平台飾り-1
サイズ
間口80cmX奥行45cmX高さ41cm

価 格
¥275,000
  • 小出松寿作 京九番 親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京九番 親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京九番 親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京九番 親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京九番 親王平台飾り-5
御衣裳の説明

帯地織(おびじおり)
御印小紋に花尽くし文様
(おしるしこもんにはなつくしもんよう)

御印は貴族が見の回りの品などに用いる紋章です。愛子様の御印である五葉つつじは白ハシタ(シロヤシロ)ともいい、日本古来のつつじと言われるほど古い品種です。全体が様々な花で埋め尽くされた文様はいつの時代も変わりなく人々に愛されています。とりわけ菊は色、香りに優れ長寿を意味しています。中国では菊を浸した水を飲むと長生きするといわれ、重陽の節句に菊酒を飲んだり菊の花を観賞し長寿を祝い延命を願う風習がありました。おめでたい意味を持つ吉祥文様で祝いの席を寿ぎます。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京九番
親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

 小出松寿作 京九番  親王平台飾り-1
サイズ
間口81cmX奥行42cmX高さ38cm

価 格
¥286,000
  •  小出松寿作 京九番  親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京九番  親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京九番  親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京九番  親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京九番  親王平台飾り-5
御衣裳の説明

七宝地八ツ藤文様
(しっぽうじやつふじもんよう)

輪を重ねて四方に連ねた図形を七宝文様と呼んでいます。四方や十方に広がり、途切れることなく永遠に展開する図形から吉祥に繋がるとして喜び四方や十方の語が訛って七宝と呼ばれるようになったといわれています。八ツ藤とは唐草菱を核として周囲を八房の藤の花房が縁取る丸文です。その名も貴族階級である藤原氏が愛用したであろう典型的な有職文様とされています。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京九番
黄櫨染 正絹衣装着親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京九番 黄櫨染 正絹衣装着 親王平台飾り-1
サイズ
間口84cmX奥行48cmX高さ44cm

価 格
¥313,000
  • 小出松寿作 京九番 黄櫨染 正絹衣装着 親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京九番 黄櫨染 正絹衣装着 親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京九番 黄櫨染 正絹衣装着 親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京九番 黄櫨染 正絹衣装着 親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京九番 黄櫨染 正絹衣装着 親王平台飾り-5
御衣裳の説明

黄櫨染御袍 (こうろぜんのごほう)

黄櫨染は、中国思想による天子の色目であり、現在の黄褐色よりむしろ黄赤に近いものかと思われます。
文様は桐竹鳳凰で、これは中国の太古に黄帝が南園に斎をしていた時、庭上の桐樹に鳳凰が竹の実をくわえてとまったという故事により作られたものです。黄帝は聖天子とされ、鳳凰は聖人の位にあり、天下泰平の時に出る瑞鳥といわれたことから、天皇の御服の文様とされました。現在も天皇御即位式等にお召しになられる由緒ある文様です。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京九番
親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京九番 親王平台飾り-1
サイズ
間口85cmX奥行48cmX高さ44cm

価 格
¥328,000
  • 小出松寿作 京九番 親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京九番 親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京九番 親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京九番 親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京九番 親王平台飾り-5
御衣裳の説明

金彩京刺繍 霞に枝桐文様
(きんさいきょうししゅう かすみにえだきりもんよう)

金彩と刺繍という工芸技術を用いて霞桐の文様を表現しています。
帝を象徴する鳳凰が棲むという木が桐とされています。その為、桐は高貴な木とされ家紋の五七の桐は代々天皇家の家紋とされてきました。健やかな子供の成長を祈願する木で昔は女の子が誕生すると桐を植えました。華やかに仕上げられた衣裳は、祝いの席を寿ぎます。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
小出松寿作 京九番
金彩京刺繍
親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京九番金彩京刺繍 親王平台飾り-1
サイズ
間口85cmX奥行45cmX高さ45cm

価 格
¥343,000
  • 小出松寿作 京九番金彩京刺繍 親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京九番金彩京刺繍 親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京九番金彩京刺繍 親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京九番金彩京刺繍 親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京九番金彩京刺繍 親王平台飾り-5

親王飾り
小出松寿作 京九番
金彩京刺繍 親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京九番 金彩京刺繍 親王平台飾り-1
サイズ
間口85cmX奥行45cmX高さ42cm

価 格
¥368,000
  • 小出松寿作 京九番 金彩京刺繍 親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京九番 金彩京刺繍 親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京九番 金彩京刺繍 親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京九番 金彩京刺繍 親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京九番 金彩京刺繍 親王平台飾り-5
御衣裳の説明

波頭に宝尽くし
(はとうにたからづくし)

激しく沸き立つ波に、宝尽くしがダイナミックに表現された豪奢なお衣裳です。寄せては返す躍動的な波の一瞬の姿をとらえた波頭は、着物の文様として好まれています。宝尽くしは、中国の宝モティーフに次第に日本独自のモティーフが加えられていき、室町時代から吉祥文として定着していきました。打出の小槌は、大黒天などの持ち物で、打ち振ると財宝など望む物が出てくる小槌です。隠れ蓑は、被れば姿を消して身を守ることができます。丁字は、希少価値の高い香料で薬にも用いられたスパイスのクローブです。金彩や、刺繍という加工技術を用いて、立体感のある華やかな意匠にしあげています。

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。当工房では、色あわせに独自の工夫を加え衣装に仕立てました。

親王飾り
小出松寿作 京九番
袋帯衣装着 親王平台飾り
頭師 市川伯英(いちかわはくえい)

小出松寿作 京九番 袋帯衣装着 親王平台飾り-1
サイズ
間口90cmX奥行50cmX高さ50cm

価 格
¥388,000
  • 小出松寿作 京九番 袋帯衣装着 親王平台飾り-1
  • 小出松寿作 京九番 袋帯衣装着 親王平台飾り-2
  • 小出松寿作 京九番 袋帯衣装着 親王平台飾り-3
  • 小出松寿作 京九番 袋帯衣装着 親王平台飾り-4
  • 小出松寿作 京九番 袋帯衣装着 親王平台飾り-5
御衣裳の説明

西陣正絹 帯花丸格天井文様
(にしじんしょうけん はなまるかくてんじょうもんよう)

殿 装束 束帯
殿のお衣装は、天皇をはじめ公家が正式に着用した第一礼装を基に着付けられています。
その第一礼装を束帯(そくたい)といいます。
束帯の構成は、単(ひとえ)、袙(あこめ)、下襲(したさがね)、袍(うえぬき)からなり、石帯(せきたい)という帯ベルトを当てます。
袴(はかま)は大口(おおくち)・表袴(うえのはかま)をつけ、冠(かんむり)、帖紙(たとう)をふところに入れ、笏(しゃく)を持ちます。
殿上人は魚袋(ぎょたい)という門鑑を腰に下げました。

姫 装束 五ツ衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)・裳(も)
姫のお衣装は、皇后をはじめ貴族の女性の礼装を基に着付けられています。
一般的には「十二単衣」といいます。
ただし、十二枚もの着物を身に付けていたのではなく、何枚も襲ね着(かさねぎ)をしていたところから呼ばれたといわれています。
構成は、唐衣(からぎぬ)、表着(うわぎ)、打衣(うちぎぬ)、五ツ衣(いつつぎぬ)、単(ひとえ)、長袴、裳(も)、手に桧扇を持ちます。
袖口や裾には、美しいグラデーションを見せる「襲ね色目」が一番の特長でこの色あわせは、自然の草花などからとったものが多く、平安朝以来の日本人の美意識がよく表れています。

親王飾り
大橋弌峰作 九番
親王平台飾り
頭師 川瀬健山(かわせけんざん)

大橋弌峰作 九番 親王平台飾り-1
サイズ
間口85cmX奥行54cmX高さ44cm

価 格
¥450,000
  • 大橋弌峰作 九番 親王平台飾り-1
  • 大橋弌峰作 九番 親王平台飾り-2
  • 大橋弌峰作 九番 親王平台飾り-3
  • 大橋弌峰作 九番 親王平台飾り-4
  • 大橋弌峰作 九番 親王平台飾り-5
見て姿がきれい、形崩れしないようにと細心に気づかわれる、その仕事の自信が現れた雛人形です。

一般的な京雛の着付は衣装を胴に着せ、直線的な型をモチーフにした着せ付け雛ですが、高倉流の装束を重視して優しさ、淑やかさ、豊かさを取り入れた豊満優婉(ほうまんゆうえん)な衣装に仕上げられています。
衣装におおくのヒダを取り立体美をだし気品と威厳の中に曲線美を出すことに成功したお雛様です。
姫は打梨(うちなし)と呼ぶ柔らかな薄地の重ネを使い(薄い和紙を羽二重に張り、仕上げのときにはがす等)柔装束(なえしょうぞく)風に仕上げました。
殿は織物の地質だけでなく引糊により、張りに趣向をこらし自然の風合いを公家肖像画に描かれている強装束(こわしょうぞく)の力強い姿が見事に表現されています。

親王飾り
大橋弌峰作 八番
黄櫨染 親王平台飾り
頭師 川瀬健山(かわせけんざん)

大橋弌峰作 八番 黄櫨染 親王平飾り-1
サイズ
間口105cmX奥行55cmX高さ56cm

価 格
¥496,000
  • 大橋弌峰作 八番 黄櫨染 親王平飾り-1
  • 大橋弌峰作 八番 黄櫨染 親王平飾り-2
  • 大橋弌峰作 八番 黄櫨染 親王平飾り-3
  • 大橋弌峰作 八番 黄櫨染 親王平飾り-4
  • 大橋弌峰作 八番 黄櫨染 親王平飾り-5
見て姿がきれい、形崩れしないようにと細心に気づかわれる、その仕事の自信が現れた雛人形です。

一般的な京雛の着付は衣装を胴に着せ、直線的な型をモチーフにした着せ付け雛ですが、高倉流の装束を重視して優しさ、淑やかさ、豊かさを取り入れた豊満優婉(ほうまんゆうえん)な衣装に仕上げられています。
衣装におおくのヒダを取り立体美をだし気品と威厳の中に曲線美を出すことに成功したお雛様です。
姫は打梨(うちなし)と呼ぶ柔らかな薄地の重ネを使い(薄い和紙を羽二重に張り、仕上げのときにはがす等)柔装束(なえしょうぞく)風に仕上げました。
殿は織物の地質だけでなく引糊により、張りに趣向をこらし自然の風合いを公家肖像画に描かれている強装束(こわしょうぞく)の力強い姿が見事に表現されています。

親王飾り
大橋弌峰作 七番
袋帯衣装着親王毛氈飾り
頭師 川瀬猪山(かわせちょざん)

大橋弌峰作 七番 袋帯衣装着親王毛氈飾り-1
サイズ
間口120cmX奥行80cmX高さ48cm

価 格
¥670,000
  • 大橋弌峰作 七番 袋帯衣装着親王毛氈飾り-1
  • 大橋弌峰作 七番 袋帯衣装着親王毛氈飾り-2
  • 大橋弌峰作 七番 袋帯衣装着親王毛氈飾り-3
  • 大橋弌峰作 七番 袋帯衣装着親王毛氈飾り-4
  • 大橋弌峰作 七番 袋帯衣装着親王毛氈飾り-5
見て姿がきれい、形崩れしないようにと細心に気づかわれる、その仕事の自信が現れた雛人形です。

一般的な京雛の着付は衣装を胴に着せ、直線的な型をモチーフにした着せ付け雛ですが、高倉流の装束を重視して優しさ、淑やかさ、豊かさを取り入れた豊満優婉(ほうまんゆうえん)な衣装に仕上げられています。
衣装におおくのヒダを取り立体美をだし気品と威厳の中に曲線美を出すことに成功したお雛様です。
姫は打梨(うちなし)と呼ぶ柔らかな薄地の重ネを使い(薄い和紙を羽二重に張り、仕上げのときにはがす等)柔装束(なえしょうぞく)風に仕上げました。
殿は織物の地質だけでなく引糊により、張りに趣向をこらし自然の風合いを公家肖像画に描かれている強装束(こわしょうぞく)の力強い姿が見事に表現されています。